2009年12月14日

会社帰りに紀伊国屋書店に寄って、

先日西日本新聞の書評で紹介されていた「福岡県の城郭−戦国城郭を行く」を立ち読みする。

門司に関しては、本編での紹介が3箇所(門司城、三角山城、猿喰城)のみで・・・というか、何故三角山城が選ばれたのかがよくわからないのですが(^^;)、特にこれという注目すべき内容はなかったので、買わずにおこうと思ったのですが、巻末の「福岡県内城郭一覧」を見ると、「筆立山城」という見なれない名前が・・・。

永楽庵さんだったら知ってるかなと思い、帰宅してから「城や砦(とりで)の探検コーナー」を見てみると、「門司城筆立山(八幡)曲輪」という名前で載っていました。さすが永楽庵さんです(^_^)。

廣崎篤夫氏「福岡県の城」や八木田謙氏の「門司・小倉の古城史」など城関係の本は色々読んでいますが、「筆立山城」という呼び名はこの本が初出だと思います。しかし、これをひとつの独立した「城」と見てよいものなのかどうか・・・。
城に詳しい方々の意見をお聞きしたいです。

で、結局本は買いました(笑)。
福岡県の城郭−戦国城郭を行く
posted by seamoon at 00:00| Comment(1) | TrackBack(1) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

セミナーのお知らせ、テーマは「遺言」。

か〜な〜り遅くなりましたが、ボランティア駅員仲間の ふせんのひとさんが、明日本業でセミナーを開かれます。
以下にmixi日記から転載します。
秋冷の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。セミナーの告知をさせていただきます。

皆様、「遺言」についてどんなイメージをお持ちですか?

大金持ちが書くもの?
親族同士の仲が悪いから書くもの?
親族以外に財産を残すために書くもの?

いずれも間違えたイメージです!

「親族みな仲良しだから遺言書なんていらないよ。」
「大きな資産なんて持ってないから書いても意味ないよ。」

いえいえ、むしろそんな方々にこそ、遺言は意味があります!
火災に備えるのが火災保険、死亡に備えるのが死亡保険。
そして、死後に備えるのが遺言です!
まずは遺言を身近に感じてみませんか?
司法書士が分かりやすく解説します!

【タイトル】 よく分かる相続のはなし〜遺言ってなんだろう?〜
【日  時】 平成21年12月6日(日)
【会  場】 門司図書館2階視聴覚室(老松公園そば)
【時  間】 14時〜15時半
【参 加 費】 無料
【講  師】 司法書士 河喜多 洋
【連 絡 先】 門司図書館         093-321-6515
       ウィダーゼン司法書士事務所 093-331-7023

※会場とテキストの都合上、出来るだけ事前の電話予約をお願いいたします。予約は直接、門司図書館の方にされるか私までメールをお願いいたします。

posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

潮風号写真展

潮風号のボランティア駅員兼公認カメラマンである2001さんの写真が、門司港の小原市場で展示されています。
潮風号写真展:廃線文化観光賞受賞を記念

 門司港観光トロッコ列車(やまぎんレトロライン)潮風号が第8回日本鉄道賞の特別表彰「廃線文化観光賞」を受賞したことを記念し、門司区栄町の小原市場で写真展が開かれている。12日まで。

 撮影者はボランティア駅員の伊佐嘉祐さん(42)=福岡市早良区=ら。伊佐さんは潮風号が運行される週末は朝5時に起きて門司港に通い、ボランティアの傍ら撮影。「四季の様子を出そうと工夫した」と話す。
【毎日新聞 2009年12月2日】

お時間のある方は是非お立ち寄りください。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月29日

苦しい中の門司港レトロマラソン、今季最後の潮風号駅員、「感謝の集い」

2週間前のジョギング中に痛めた右膝が治りきらないまま、門司港レトロマラソン当日を迎えました。潮風号の今年最後の定期運行日であり、運行終了後に潮風号関係者全体の打ち上げがあるため、JRで門司港に向かう。5時25分二日市発の列車の中はさすがに眠い(笑)。

7時半頃門司港に到着。少し寒いが走るには丁度よさそうな気候です。
じっとしていれば膝は痛まないが、昨日少し走った影響もあって、歩くと少し違和感がある。それでも突然走るのは悪化しそうなので、ドラマシップ横で受付を済ませた後、まだ参加者が少なく広々とした仮設の更衣室に荷物を置いて、ウォームアップ代わりにしばらく門司港の街を散歩する。
早朝の栄町商店街を散歩

三宜楼前から栄町商店街を通って東門司の方へ歩いていくと、鎮西橋跡近くに「出光商会創業の地」の案内板があった。いつの間に作られたのだろう。
出光商会創業の地

痛みが消えることはなく、やはり今回は走るのは無理かなぁ〜と若干気持ちが落ちていたんですが、会場に戻ってから、レトロマラソンに参加するジョグノート友達のさんちゃんさん、ぶたよこさん、よねぞうさんにスタート前に会ったことで元気づけられ、少し走る気持ちを取り戻しました。

ウォームアップに向かったさんちゃんさん達と別れて、体力温存することにした私は一度更衣室に戻ってから、開会式の会場へ。開会宣言の後、北橋市長の挨拶などがある。
レトロマラソン北橋市長の挨拶
市長の挨拶の中で、潮風号人気で門司港レトロの観光に勢いがついたことに触れ、また保存が決まった三宜楼や旧門鉄ビルを今後観光資源として活かしていくことを明言されたのは嬉しかった。まぁ「潮号」と言い間違ってましたけど(^^;)

今回の大会は去年とは違い、10kmレースから先にスタートすることになっているので、早々にスタート地点へ。今回も参加者が多く、3000人を超えたらしい。
スタート10分前

9時30分、今回は記録更新は狙わず完走という目標でスタート。スタートして500mも走らないうちに、右膝がくだけそうになること4回・・・やっぱり駄目かなぁと思いつつ走り続けると、何故かそこから激痛がなくなり(^o^)、なんとなくいいペースで走れるようになった。
去年同様、ドラマシップ周回から甲宗八幡宮前までは混雑気味だが、思ったよりもペースを落とすこともなく走れた。ただ、時々痛みがくると少しペースを落とし、大丈夫そうな感じになったらペースを上げたりの繰り返しでしたが。関門海峡めかり駅前を通ると青服さんが数人見えた。レトロマラソン開催のため、潮風号の運航開始時間は1時間遅れである。
あっという間に折り返し地点を過ぎる。去年は海岸沿いの道を直進したが、今年はめかり塩水プール前を左折し、急な坂道を上って下りるコースになっていた。7km付近からの長い下り坂では膝を痛めないようにスピードをかなり落とす。下りきった後は再びペースを上げて、そのままゴールまで走りきりました。
2回目の完走証
記録は50分02秒。
膝の故障や、去年とコースが変わっていたこと、あとでスタートした5kmレースのランナーと5kmコースの折り返し地点で合流して渋滞したことなどで、自己ベストを更新することは出来ませんでしたが、去年は残り3kmで足が前に出なくなった状況から考えれば、上々の出来だと思います。
ゴール後に完走証をもらってから、さんちゃんさんとぶたよこさんと再び遭遇。ぶたよこさんは女子6位だったそうです。午後から潮風号のボランティア駅員の予定だったので、お二人とは来年3月の小郡のレースでの再会を約束し、ここでお別れする。

レース後のお楽しみの抽選会に参加・・・もちろん当たりませんでしたが(^^;)、その後お昼ご飯にそば処「仙」へ。
かけそばとお握り、新作スイーツの抹茶プリンをいただく。
そば処 仙の新しいスイーツ
この抹茶プリンは食べて美味しく、見た目も楽しいスイーツですよ。お薦めです(^o^)

駅員は14時からの予定で、まだ時間があったので、また門司港の街を散歩する。栄町商店街に出来た昭和レトロ館では「関谷ひさし展」が開催中です。門司区出身の漫画家の故関谷ひさし氏の作品などが展示されているそうだ。
昭和レトロ館前

東門司から老松公園の周辺をゆっくり歩く。少しずつ右膝の痛みが出始めたので、レトロ地区へ戻ることにする。
門司港界隈をウロウロと

潮風号の線路沿いにある「てづくりコロッケのお店ぴう」前にある”ミニ潮風号”にも初めて遭遇。カワイイですね(^_^)
ちっちゃ〜い潮風号(笑)

鉄道記念館駅に向かう潮風号を撮影。思えば、駅員ばかりやっていると、動いている潮風号を撮影する機会ってあまりなかったですね。
秋の潮風号

駅員詰所へ行き駅員の準備。今日で制服・制帽もしばらくお別れですね。
今日は定期運行最終日とあってか、ボランティア駅員の数も13名と多い。人数に余裕があるので今日は車内販売もやっている。
最初は鉄道記念館駅で業務し、その後ノーフォーク広場駅へ移動。思えば7ヶ月前の開業日に初めての駅員業務をした場所がこの駅でした。その日も小雨模様で少し寒かったなぁ。
最後はノーフォーク広場駅で
この7ヶ月は長かったようでもあり、短かったようでもあり、広場駅が最後の業務というのが、何か感慨深いものがあります。

最終便で鉄道記念館駅へ戻る。車内掃除をした後に、ボランティア駅員の皆と潮風号の前で記念撮影。横浜君が都合で来れなかったのが残念。ポスターや雑誌媒体での募集が利いて、ボランティア駅員の人数も開業当時からまぁまぁ増えたし(あくまでも「まぁまぁ」ですよね(笑))、個性的な人が集まってきて、大変嬉しく思います。学生時代にクラブ活動もせず、サークルにも入ってなかった私にとって、素晴らしい仲間にも出会えたし、今回のボランティア駅員は大変楽しい経験になりました。まぁボランティアの中でも一番すちゃらか駅員だったことは否めませんが(笑)。
ボランティア駅員全員で敬礼し、車庫に戻る潮風号を見送る。

潮風号、ありがとう。

今季最後の列車を見送る
定期運行は終わりましたが、団体客向けの運行が冬にもあるので、運が良ければ、今年中に潮風号を見る機会はあると思います。まだ乗ったことがない方は是非来年乗ってみてください、また乗った方も、来年またよろしくお願い致します。

駅員詰所に戻ってジャージに着替え(そう、今日はマラソン参加のため、荷物になるのでジャージしか持ってきてないのです)、打ち上げ会場の港ハウスへ。
ステージ上には「門司港レトロ観光列車 潮風号 2009感謝の集い」なる大きな看板が。そして、今日の料理は地ビール工房さんとじじやさんのケータリングで超豪華版ですo(^_^)o。
豪華版(^-^)

レトロ室さんと平築さんの代表挨拶から始まった「感謝の集い」は、Oさんの今季の実績報告で一段と盛り上がる。約21万人・・・ホントに素晴らしい数字です。最近【潮風号ファミリー】という言い方が周りで流行っていますが、それぞれの立場で互いに協力しあったからこそ今回の潮風号の成功があったのではないか・・・と僭越ながら思っています。
そしてなんと、ボランティア駅員に対して北橋北九州市長から感謝状をいただきました。
感謝状をいただく
感謝状をいただいたのは私を含めた主要メンバーのみでしたが、もちろん全てのボランティア駅員に対していただいたものであり、また感謝状をいただけたのは潮風号に関わった方達のご理解とご協力があってのことだと思います。ホントに皆さんに感謝致します。そしてボランティア駅員を立ち上げ、ここまで頑張ってきた新婚のけーばら団長、お疲れ様でした。この冬はしっかりと奥さん孝行されてください(笑)。

乾杯の後、楽しい打ち上げが始まる。マラソンも完走出来たし、駅員もやれたし、美味しい料理もあり、今日のビールは格別に美味しかったです。
さあ、楽しい打ち上げの始まりだ(笑)

レトロ室から平築さん、めかり総合案内所スタッフ、青服さんへの記念品贈呈、青服さんからTディレクターへの卒業証書授与、青服のOさんとK弟君の爆笑?アトラクション、そして噛まれると幸運を呼ぶという獅子舞など、大変盛り上がりました。
獅子舞までも
最後は全員で万歳三唱をして会はお開きに。後片付けが終わった後、各ボランティア個別にSさんから感謝状を授与される。ホントに私みたいなすちゃらか駅員がもらっても良いのであろうか(笑)。

皆さん、ありがとうございました。そして今季はお疲れ様でした。
来年は多分今年より参加する回数は少なくなると思いますが、連休中の忙しい時期や人手の足らない時には参加したいと思っていますので、よろしくお願い致します。

22時12分発の久留米行き快速列車で帰路につく。
右膝の調子が徐々に悪くなってきてますが(^^;)、楽しいことてんこ盛りの長〜い一日も終わりました。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月22日

久しぶりの瀧の観音寺、「郷土発見、門司発信」、喫茶リバーの鴨入り焼きカレー

今日は小倉の松柏園ホテルでおこなわれる「萩ヶ丘校区自治会50周年記念式典」に出席する父親を送り迎えするために門司へ向かう。父親は5年前に門司を離れるまで同自治会の会計をしていた由縁で、二日市の自宅に式典の案内状が来たようです。

今日は冷水有料道路(トンネル)を通り、200号線から都市高速のルート。門司駅前の福岡銀行前からホテルへの送迎バスが出るとのことで、大里インターで下り、門司駅前に予定時間通りに到着。
父親を降ろしたら小倉へ行く予定でしたが、少し時間が早かったので、ちょっとご無沙汰している瀧の観音寺に行って時間を調整することにした。
戸上神社横から狭い坂道を登り、歌石観音前の空き地に車を停める。
まずは歌石観音に寄ってみる。前回来た時は歌碑くらいしか撮影してなかったので、その他の石碑や灯篭などを薄暗い中デジカメで撮影する。
歌石観音あたり

瀧の観音寺へ向かう階段道を上っていく。約7年振りに上った坂は、前ほどキツイとは感じなかったが、それでもやはり少し息が切れる。
瀧の観音寺への上り坂

途中に多くの地蔵や石碑がある場所があり、ちょっと寄ってみる。そこに「宇賀徳戸上両大明神」と刻まれた石碑があった。瀧の観音寺は元々は山伏の行場で、戸上権現との縁が深い。ただ「宇賀」の文字には馴染みがなかったので、ちょっと気になった。
宇賀徳戸上両大明神

自宅に帰ってから少し調べると、「宇賀神」は豊作・豊漁の守護神とのことだが、吉兆ををあらわす白蛇を祀った神ともいわれているらしい。すぐ横の祠の中に白蛇の置物があったのは、この由縁だったのだと納得。
祠の中の白蛇

再び階段を上っていく。瀧の音が響く境内を歩き、石碑類や不動明王像などを撮影する。今でも小学生が写生に来たりするのかなぁ。
瀧の観音寺境内

車に戻り、小倉の街へ向かう。クエストの裏あたりにある100円パークに車を停める。クエストに寄って地元出版のコーナーを見てみる。以前「北九州門司の町並み」を出された泥谷誠一郎さんは新しい写真集を出されたようですね。その他に目ぼしい本は無し。

久しぶりに小倉駅方面へ魚町銀天街を歩いていく・・・こんなに人が少なかったかなぁ。まぁ小雨まじりの天候だし、寒いし、連休の中日だし・・・20年前は狭い銀天街の中を人をぬって歩かなければいけない程だったのに・・・もう11時近くなのに開店前の店も多い。小倉駅前ものんびりした雰囲気が漂っているように感じる。小倉の街に都会にある尖がった雰囲気が失われつつあるのが寂しい・・・昔の黒崎の街とイメージがダブってしまうなぁ。

コレット小倉へ。この建物に入ったのはコレットになってから初めてでしょうか。エレベーターで11階のイベントスペースに向かう。ここで「郷土発見、門司発信」という写真展が開催されており、大翔館高校(母校である大里高校の後身)に通う1年生全員が故郷である門司を撮った写真が展示されています。門司港コミュのイベント情報トピにmkさんが書かれるまで、全く知らなかったのですが、既に5回目の開催とのこと。
「郷土発見、門司発信」(1)

やはりレトロ地区を撮った写真が多いですが、母校の通学路だったり、自宅から見た空だったり夕焼けだったり、ただの階段だったり、近所の公園だったり、産廃の施設だったり。高校のテニスコート横の坂道とか、もろに私の記憶とつながる場所だったり(^_^)。
「郷土発見、門司発信」(2)
それぞれの感性で切り取った風景のひとつひとつが、私にも愛おしく思われます。
11/29(日)まで展示されるそうなので、お時間のある方は是非足をお運びください。

鳥町食堂街のだるま堂で天まどでも・・・と思っていたが、お店が開いていなかったので、100円パークに戻り、次は門司港へ向かう。
私用で平築さんの事務所に寄るため、昼の潮風号が運行していない時間帯を狙って行ったのですが、なんとこの雨天でも臨時便が出ているようで、鉄道記念館駅前の踏切が鳴った時はちょっと驚きました。
雨天の中、臨時便が走る
潮風号と言えば、昨日とうとう乗客が20万人を超えたそうです。
「潮風号」乗客20万人超す

 門司区の門司港レトロ地区で4月に開業した観光トロッコ列車「潮風号」の乗客数が21日、20万人を超えた。

 九州鉄道記念館駅ホームでは、20万人目となった佐賀市諸富町の看護師園田和美さん(33)と小学4年生の長男紘暉君(10)に、平成筑豊鉄道社長の伊藤信勝・田川市長から記念として潮風号のヘッドマークの複製品などが贈られた。

 紘暉君は「とてもうれしい。自分の部屋に飾る」と大喜び。この後笑顔で記念のくす玉を割り=写真=、家族計5人で潮風号に乗り込んだ。

 列車は北九州市と平成筑豊鉄道が、同駅と関門海峡めかり駅間の2・1キロで土、日曜を中心に運行している。乗客数は年間採算ラインとされる10万人を3か月半で達成し、その後も順調に客足を伸ばした。

 年内の運行は29日までで、来年は3月13日から。冬季は団体貸し切り専用とする。
【2009年11月22日 読売新聞】

嬉しいニュースですよね(^_^)。今日の乗客の多さもこのニュースの影響でしょうか。
開業前から批判的な意見を述べてきた人たちも含めて、4月の開業時に誰がこの数字を想像できたでしょうか。

ホントに素晴らしい結果です。

月並みな言葉ですが、レトロ室さんや平築さんをはじめ、潮風号に関わった全ての方達の努力の賜物だと思います。

おめでとうございます。

先ほどの「郷土発見、門司発信」で展示されていた写真の一枚に、地元で誇れるものとして潮風号の写真がありました。自分の住んでいる街にはこういうモノがあるんだぞ、と胸を張って言えること。その思いを大事にしていきたいと思います。

門司港駅前の駐車場が満車だったので、線路沿いの路上パーキングに車を停め、平築さんの事務所で用事を済ませる。その後ホームにいたレトロ室のS課長さんとボランティア駅員と少し立ち話。来週のレトロマラソン開催時の交通規制の載った紙をもらう。先週痛めた右膝が完治していないので、来週のレースまでに間に合うのかちょっと不安・・・。

無性に焼きカレーが食べたくなったので、喫茶リバーで季節限定の鴨ちゃん入り焼きカレーを食べる。
喫茶リバーの鴨ちゃん入り焼きカレー
オーソドックスな焼きカレーとは違い、鴨肉の上にのった海苔と白ネギの香りが良く、美味しくいただきました。ひとこと「焼きカレー」といっても、それぞれのお店がホントに工夫してますよね〜。メニューを見るとキムチ入りとかもありましたが、これもどんな味なのか興味ありますね(^_^)

時間があれば、今日公開している赤煉瓦プレイスの旧帝国麦酒醸造棟一般公開に寄ろうと思っていたのですが、焼きカレーを食べている時に父親から式典が終わったので帰るという電話が入る。まだ12時半を過ぎたところ・・・思いのほか早い(^^;)
門司駅のロータリーで待ち合わせることにし、食べ終えてから迎えに行く。父親はあまり酔ってはいないようだったが、やはり寒いし、うろうろするわけにもいかないので、大里インターから都市高速に乗り、いつも通り200号線で二日市まで帰る。
posted by seamoon at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。