2010年03月13日

潮風号2年目のスタート

今日から門司港観光トロッコ列車潮風号2年目の定期運行開始です。
今年もボランティア駅員をやらせていただきます。

朝いつものように愛車パイルダー号に乗って200号線〜都市高速で門司港へ。駐車場に愛車を停めて、駅員詰所へ向かう途中、1号上屋に足場が組まれているのを見る。
1号上屋改装中(1)

去年の西日本新聞の記事(2009/5/14付)では、
秋に始まる工事は、壁や窓の増設部分を撤去し、外壁をコンクリートで補強するなど、完成時の姿に近づける下準備。改修費は約2億5000万円。その後、耐震補強と内装工事もする。改修後の具体的な用途は検討中で、2階屋上にウッドデッキや芝生緑化を施し、関門海峡の展望スポットにするなどの案も浮上。2013年ごろには工事を終え、門司港レトロ地区の新名所になりそうだ。

とあり、その改修工事がようやく始まったというところでしょうか。しばらくは見れないでしょうが、キレイに整備して欲しいですね。
1号上屋改装中(2)

旧門鉄ビルの駅員詰所に行き、青服さん達の朝礼に出ると、お馴染みの顔が並んでいる。去年まで一緒にやってきた人達とまた一緒にやれるのが嬉しいですね。
朝礼後、駅員仲間と一緒に鉄道記念館駅へ。去年は青服さんだったMさんとSさんが車掌さんになっていたのにもビックリ。
いよいよ2年目の始まりです。
始発列車のお客様はそれほど多くなく、静かな立ち上がりというところか。
2年目の潮風号スタート

4ヶ月弱しか駅員業務を離れてないのに、結構忘れていることも多く(^^;)、若干思い出しながら・・・というところもありましたが、お手振りをやっているうちに少しずつ調子を取り戻していく。

午後から潮風号に乗って関門海峡めかり駅へ移動。
めかり駅移動中の潮風号車内

去年業務中はほとんど休みがなく、昼食を急いで食べて駅に戻るか、食べないような状況だったが、今年は駅員をしてくれる人も増えており、1時間の休み時間がとれるようになっている。
その休み時間に、今年からのめかり駅前の目玉である「潮風市場」で昼食することにする。行ってみると、たくさんのお客さんが市場内にいて、大変な賑わいだった。
潮風市場のにぎわい

そして1,050円のバイキング。料理の無くなっている大皿もあったが、それでも和食中心に十分な種類のおかずをゲット。お腹いっぱいになりました〜。
潮風市場のバイキング

2つ目の目玉、国鉄時代の旧客車を改装した「かんもん号」には、海峡Cafeオハフ33(さんさん)がオープン。こちらもお客さんでいっぱいでした。海峡を望みながらコーヒーを飲むのって、なんかイイですよね。
かんもん号も快調

そして3つ目の目玉であるタコ型滑り台。ここで遊ぶ子供の数にまたビックリ。予想以上に子供達には大人気のようです。最終便になっても遊んでいる子供が多かったです。
大人気のたこ滑り台

そして小さいながらも、これも新兵器。観光地にはどこにでもあるやつですが、結構人気で、顔を出して記念撮影する人も多かったですね。
これも関門海峡めかり駅の新兵器

そうこうするうちに、あっという間に初日の業務が終了。最終便に乗って鉄道記念館駅へ戻る。皆さん、お疲れ様でした。
2年目の初日終了

今年も多くのお客様が潮風号を楽しんでくれればいいな、と思いながら門司港を後にする。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月07日

潮風号キャンペーンキャラバン隊がゆく

3/13(土)から定期運行が再開される門司港観光トロッコ列車潮風号のキャンペーンを、福岡・天神、黒崎、小倉でおこなってきました。

朝福岡市天神の西鉄福岡駅へ行き、福岡前泊のOさんや、ばかな〜さん運転のサルーンバスに乗ってきた秋山副団長や投網車掌区車掌長さんら北九州組と合流。今日のキャンペーンのために用意された飴付きのリーフレットは7,000部。
配布されるリーフレット(飴付き)

その内の半分を西鉄天神駅で配布するとのこと。我々ボランティア駅員は制服・制帽姿に。

8:30から駅のコンコースで配布を開始。私は改札付近で「門司港レトロ観光列車潮風号です。よろしくお願いしま〜す」と言いながら、列車が到着する度に押し寄せる乗降客にリーフレットを配る。途中西鉄の駅員さんが様子を見に来たり、なんだか不思議な感じ。一緒に付けた飴の効果か、最初は途方もない数字だと思いましたが、どんどんさばけていき、予定の30分前に3,500部を配り終えた。
潮風号キャンペーンin西鉄福岡駅(1)

潮風号
キャンペーンin西鉄福岡駅(2)

天神のミニFM局「LOVE FM」へ出演したS係長さん達と合流し、次のキャンペーン地の黒崎へ向かうことに。駐車場に停まっていたサルーンバスには「日本一短い・遅い・小さい 門司港観光トロッコ列車”潮風号”PRキャラバン隊」の文字が(笑)。や〜本格的だわ。
キャラバン隊バス

国道3号線を北九州へ移動。バス内では秋山氏から借りた門司関係のテレビ番組を録画したビデオを見る。鉄道記念館や潮風号や元地元の藤松などが映る。藤松、懐かしいですね。
キャラバン隊移動中

海老津のラーメンセンターで昼食後、予定の1時間前に黒崎に到着。今度は屋外での配布で、制服だけだと結構寒い。予定より早く12:30に配布を開始するが、車は多いものの、日曜日のお昼なのに駅前に人通りがほとんどない・・・(^^;)。アーケードにも人はまばらな状態。北九州第2の都心の賑わいはどこに行ったのか・・・。

ばかな〜さん達が商店街で配布したこともあり、なんとか1時間ほどで予定の1,000部を配布。
潮風号キャンペーンinJR黒崎駅前

最後の小倉駅前でのキャンペーンは16:30からの予定だが、まだ3時間近くもあるため、一旦門司へ行き、関門海峡めかり駅前で工事中の潮風市場や旧客車の休憩所などを見学。
潮風市場準備中

まだ時間があったため、関門人道トンネルを渡って対岸の下関・御裳裾川へ。人道トンネル通るのは久しぶりでした。

みもすそ川公園ではボランティアによる紙芝居を見学。今年のNHK大河ドラマ「龍馬伝」が放送中でもあり、下関には妻お龍さんとしばらく逗留していたこともあって、内容は坂本龍馬と高杉晋作。ボランティアさんの熱演を最後まで見終わった後、晋作と龍馬の絵葉書をもらう。
みもすそ川公園でボランティアさんの紙芝居

下関まで移動してきたサルーンバスに再び乗りこみ小倉駅前へ。
ここから門司港のバナナマンさんやけーばら団長も合流し、予定より30分早い16:00からリーフレットの配布を開始。今日はTNCの取材も来ていた。
東広島から”日本一カワイイ元車掌”ひとみんさんも駆けつけるが、さすがバナナマン効果は絶大で、その頃には2,500部を早くも配布終了。
潮風号キャンペーンinJR小倉駅(1)

潮風号キャンペーンinJR小倉駅(2)
この後小倉駅前の居酒屋で軽く打ち上げ。私は所用のため、同じく所用のあるひとみんさんと一緒に30分で退出し、JR鹿児島本線の下り快速列車に乗る。

ま、その所用というのは七瀬こまみちゃんのでちゃう!ガールズのイベントだったんですが(^^;)、そのイベントに来ていたマジシャンさんが今朝配った潮風号のリーフレットを持ってて、ちょっとビックリしました(笑)。

キャラバン隊の皆さん、お疲れ様でした。
来週からの潮風号、頑張りましょう(^o^)。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

門司港駅倒壊の危機

西日本新聞の1面トップ記事というのも驚きましたけど。どうしてこうなるまで放っておいたんですかねぇ・・・。
シロアリ被害、腐食進む 門司港駅全面修復へ 築100年 倒壊危機

北九州市の門司港レトロ地区にあり、鉄道駅舎として初めて国重要文化財に指定されたJR門司港駅(木造2階建て)が築造から約1世紀たち、シロアリ被害や老朽化で倒壊の危機にあることが5日分かった。国、福岡県、市とJR九州は「このままでは駅舎として使用できなくなる」とみて、協力して2011年度にも大規模修復に入る方向で検討している。

 駅は1914年に建てられ、42年の関門トンネル(鉄道)開通まで、船で本州から九州に渡ってきた人や貨物の玄関口だった。ネオルネサンス様式の建築で、外観は「門」をイメージしたデザイン。文化庁は「木造駅舎の中でも規模が大きく、九州の起点駅として高い格式が残っている」と評価し、88年に重文に指定した。大正の名残を残すシックな外観は、年220万人の観光客を集める門司港レトロのシンボルになっている。

 市や県によると2006年ごろ、1階のはり1本と2階の柱数本がシロアリに食い荒らされ、雨漏りで腐食していることが発覚。かつて食堂だった2階の床の片端が10センチ超下がり、床が傾いていると分かった。駅舎全体がややゆがんだ状態になっていて、外壁に亀裂も確認された。

 JR九州は1階床から2階天井まで鉄骨を通して建物を補強して傾きを修復したものの、旧食堂は閉鎖されたままで今も観光客は入れない。大人数に耐える床の強度がないため、映画ロケの要望も断っているという。屋根のさびや外壁塗装のはがれも進んでいる。

 県や市によると、駅舎の修復には15億円以上を要する見込み。仮駅舎を設けていったん駅舎の屋根や壁を解体し、傷んだ柱やはりを補強していく工法が検討されている。7年前後かかる大工事になるという。

【2010/03/06 西日本新聞】
なんといっても門司港駅は門司の絶対的なシンボルであり、門司港レトロ観光の要なので、恒久的な対策を求めます。

倒壊の危機にある門司港駅
posted by seamoon at 00:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月28日

さらば丸拳ラーメン、2010年潮風号ボランティア駅員研修

いよいよ来月13日に通常運行が再開される、門司港レトロ観光列車”やまぎんレトロライン”潮風号のボランティア駅員の研修を受けるために2週間ぶりに門司港へ。

研修の前に、残念ながら本日閉店となる丸拳ラーメンへ。秋武バナナマン氏と会うと何故かいつも握手ですねぇ(笑)。
最後の一杯は細麺硬めで注文し、替え玉は普通麺硬め。
最後の丸拳ラーメン
今日も十分に堪能しました。
美味しいラーメンを今までありがとうございました。
でもやっぱりちょっと寂しいですね。

ボランティア駅員の研修会場は駅員詰所として使っている旧門鉄ビル。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(1)

研修には駅員の経験者をはじめ、昨年は青服さんとして頑張っていた人、今回初めて駅員をやろうとされる方々(中には門司港コミュの顔馴染みの方も)が集まり、まずは団長のけーばらさんから、自作の駅員業務マニュアルを元に大まかな業務内容の説明があり、次に門司港レトロ室のS氏から観光線の基礎知識(成り立ち)や駅員業務に関する注意事項やボランティア駅員に期待していることなどの話があった。

次に九州鉄道記念館駅に移動し、初めて駅員業務をされる人向けに、団長と副団長の秋山氏からホーム上での具体的な駅員の動きや注意点をレクチャー。駅員経験者はもっぱら乗客役。元青服のO氏は切符切り役(笑)。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(2)
研修を受けている我々の姿を見て、列車が走っているものと勘違いされた方も多くいたようだ。

さらに、研修参加者の車に分乗して関門海峡めかり駅へ移動。ここでも記念館駅とのホームでの作業の違いの説明など。まだ最終的には決まっていない事柄もあり、それは運行再開までには決めるとのこと。
そして運行再開に合わせて新設・改装されている各施設を見学。めかり駅に隣接した元運送会社車庫は「めかり潮風市場」として昼食バイキングなどをおこなう施設となり、駅前に展示していた旧型客車は休憩所として使用するためキレイな内装が施され、去年は仮設であったトイレはちゃんとした建物を建設中・・・と、どんどん整備されています。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(3)

先日の記事で紹介した「たこ型すべり台」がこちら。鮮やかなピンク色で、国内最大級のたこ型すべり台とのこと。
巨大蛸の滑り台
周辺の遊歩道や東屋の整備も進んでいます。

最後にレールパークの遊具を体験。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(4)
ただ単に遊んでいるようにしか見えませんが(笑)、お客様に勧めるにはやはり自分も体験しておかないと。楽しいですが、手こぎトロッコのメロディ号は意外に疲れます。

再び旧門鉄ビルに戻り、研修は終了。

そして来週日曜日(3/7)は潮風号キャンペーンのため、西鉄福岡駅、黒崎駅、小倉駅の順でキャラバンをおこないます。我々ボランティア駅員は制服・制帽で参加しますので、見かけたら気軽にお声をかけてください。

そして、潮風号ボランティア駅員はまだまだ募集中です
詳細は門司港トロッコ応援団HPの募集要項(こちら)、あるいはmixiコミュ「門司港トロッコ応援団!!」をご覧になってください。
潮風号の勇姿
ボランティア駅員、楽しいですよ(^o^)
posted by seamoon at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月14日

7年振りの和布刈行事見物

前日は大里から熊本へ所用・・・まぁこまみちゃんのイベントですけど(笑)、へ行き、二日市の自宅へ帰って、2時間ほど仮眠をとった後、再び愛車セルボで門司へ。
今度の目的は、毎年旧暦の元旦におこなわれる和布刈行事(一般的には「和布刈神事」と呼ばれますが、県の無形民俗文化財の登録名では「和布刈行事」になっています)を7年振りに見に行くこと。旧暦元旦が平日ではさすがに翌日の仕事に差し支えるので、こういう休みの日でないと、私のような遠方から来る人間には辛いですしね。
午前1時頃出発し、いつもの通り200号線〜都市高速を経由し、和布刈に着いたのは2時40分頃で、神事の始まる10分前(^^;)。神社周辺の道路脇や駐車場には停められそうな場所がなかったので、関門海峡めかり駅のロータリーに停めて、走って神社へ向かう。

和布刈神社の境内には既に多くの見物客がおり、神事を見ることが出来る場所は、入り込めるような隙間もない。。。
2010年和布刈行事(1)

神官が松明に火をつけ、海へ降りる階段を進んでいく。
2010年和布刈行事(2)

松明の明かりを頼りに、鎌を持つ神官が薄暗い海中灯篭の周りをワカメを探しながら移動していく。足、冷たそう・・・。
2010年和布刈行事(3)

結局神事を肉眼で見ることはほとんど出来ず、Canon EOS Kiss X3を持つ右手を伸ばして、ようやく何枚か撮影が出来た程度(;_;)。次に来る時はもっと早い時間に着て場所取りします。
2010年和布刈行事(4)

わかめ刈りが一通り終わると、報道陣の撮影タイム。この時だけは周辺が明るくなる。足元のおぼつかないカメラマンが取材は無理だと皆から止められたのには、ちょっと笑った。
2010年和布刈行事(5)

撮影が終わると3人の神官は海から上がり、刈ったわかめを入れた桶を神前に納めて神事は終了。神事自体は50分くらいですね。
2010年和布刈行事(6)

車を停めた関門海峡めかり駅に戻る。
常夜灯の光で照らされる、駅前の路面がパール色に輝いてキレイだった。
真夜中の関門海峡めかり駅

最初は車の中で仮眠して帰る予定で、毛布まで持参していたが、あまり眠気もなかったので、このまま帰ることにした。帰りはいつもの都市高速〜200号線を使わず、国道3号線を通ることにした。小腹が空いた時用に持ってきたロッテのガーナチョコレートをかじりながら、少しずつ明るくなっていく中を走っていく。
6時過ぎに帰宅すると、さすがに疲れがでて、そのまま就寝・・・。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。