2004年05月18日

「北九州市産業史」到着

行橋の古書籍店から日曜日の朝に注文した「北九州市産業史」が予想外に早く届いた。是非とも手に入れたいと思っていた一冊だったので、4000円と手頃な価格で手に入れられたのはラッキーでした。同じ日に、違う古書籍店に「北九州市土木史」も注文している(確か6000円弱?)ので、届くのが楽しみです。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年06月25日

「門司港ホテル」購入

仕事の帰りに紀伊国屋書店に寄り、「門司港ホテル」(アルド・ロッシ/内田繁)を購入。前から欲しかったもんで。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

「少年の港」、「千年少女」到着

夕方、名古屋の古書店に注文していた藤原新也の写真集が届く。「少年の港」と「千年少女」で、2冊とも藤原新也の生まれ故郷の門司港をテーマにしている。とは言っても表紙が洞海湾の渡船なのが驚きますが(^^;)、小倉の繁華街や新町の釣りエサ屋(ここはまだあるのかなぁ)の写真があったり、今は長期休業中の平民食堂の写真があったりで、なかなか面白い。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月20日

「歴史ものしり本門司の歴史」が配布されています。「北九州の史跡探訪」増補・改定版到着

門司区役所のページで「歴史ものしり本門司の歴史」というPDFファイルを配布してますねぇ。門司区小学校社会科同好会の方々が協力したそうで、原始時代から現代までを網羅しており、100ページ程度の内容ですが、なかなかまとまった良い資料だと思います。実は携帯版@門司のPDF版を作成しようと思い、先月からどのPDFファイルへコンバートするソフトはどれがいいかなぁなんて考えていたところでした。SH900iのようにPDFビュワーが搭載される携帯が今後増えるのかどうかは分かりませんが、高い携帯の通信費を考えると、PCでPDFファイルをDLして携帯で閲覧、というのも"あり"なんじゃないかと思いますんで。
今井書店から「北九州の史跡探訪」の増補・改定版が届く。新品同様だったので、少し嬉しい。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月21日

新品でした(^^;)

「北九州の史跡探訪」増補・改定版は中古ではなく、ちゃんと一般書籍として販売されているようです。購入した金額が定価でしたからねぇ、早く気が付けばよかったんですが(^^;)。パラパラ拾い読みしてますが、以前他の本で調べた内容と若干異なる記述なんかもあるようで、ちょっと丹念に読む必要があるようです。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年10月23日

「関門浪漫」購入

ジュンク堂4階で平原健二さんの『関門浪漫』を見つけたので、即購入(¥3,990)。今までに見たことがない門司や下関の古い写真や絵葉書がたくさん載っていて、なかなか興味深い。以前小倉のクエストでは見たのですが福岡の書店には全く置いてないんで、北九州市まで買いにいかんといけんなぁと思ってたんで、よかったです。(※seamoon:HYPERより)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月04日

「門司郷土叢書」全10巻到着、旧旭湯取り壊し

今井書店に注文した「門司郷土叢書」。全10冊だとさすがに重いです。本棚がいっぱいなので、どこに置こうか思案中です。
錦町の旭湯が取り壊されているそうです。以前門司港レトロ倶楽部で再利用してくれるオーナーを募集していましたが、駄目だったんですかねぇ。こういうのって、ホント寂しいです。(※seamoon:hyperより)
在りし日の旭湯
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年05月27日

「関門海峡渡船史」購入

早く帰宅できることになったので、定時で仕事場を出て、天神で寄り道。ジュンク堂書店で「関門海峡渡船史」を購入。出たての頃から欲しかったんですが、他の本とか買ってるうちに、買うのが延び延びになっていたので、やっと購入したってとこですね。内容は本のタイトルそのままですが、あまり他の書籍やウェッブでは見たことのない古い写真が多く、内容的にもかなり詳しくって、嬉しい一冊です。(※seamoon:HYPERより)

posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年08月27日

「門司市史」復刻版購入

六本松の駅で下車して草香江の葦書房へ行く。ネットで調べましたが、ここは郷土史関係の本が揃ってます。で、店内の書棚を探すが門司関連の本は置いてなく、お店の人に頼んで倉庫から昭和8年発行の「門司市史」の復刻版(昭和49年刊)を出してきてもらう。結構な箇所に赤いラインが引かれてますが、実用に問題無いので購入しました(¥10,000)。絶対に手に入れたいのは、あと「門司市史・第二編」くらいかなぁ。まぁ欲しいと思う本に際限は無いんですが。(※seamoon:HYPERより)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月18日

「望郷子守唄 バナちゃん節のルーツを探る」

松永武氏の「望郷子守唄 バナちゃん節のルーツを探る」(海鳥社)を購入。バナナの叩き売りの口上のルーツを探る内容で、著者の松永氏は門司港にある松永文庫(民俗学と日本映画の私設図書館で、無料で資料を一般公開されています)を主宰されています。松永文庫には、まだ一度も行ったことがありませんが、機会があれば寄ってみたいですね。
posted by seamoon at 00:00 | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。