2002年12月06日

ラ・ムエットで夕食

父親が眼鏡を買った時のサービスでもらったラ・ムエットのランチ券で夕食するために、両親と和布刈へ行く。思えば、3日振りの外出だなぁ。ノーフォーク広場の駐車場に車を停めてラ・ムエットの建物に入る。ここには林芙美子記念館が併設されていて、入店する前に壁にかけられた写真を見る。記念館内には書斎が再現されていて、ここに上がって記念撮影を撮ることも出来るそうだ。
林芙美子記念館
ラ・ムエットに入店すると、忘年会の季節でもあり、結構多くの団体客がある。看板に書かれた予約名を見ると、地元だけでなく大野城からも来ているようだ。1階の席についた後、1人2,000円のランチ券で出されたのは和食膳で、量は多いとは言えないが、新鮮な鯛のお刺身と煮つけが美味しかった。
店を出て、しばらくノーフォーク広場から海峡を眺める。ここから見る対岸の下関の街の明かりがきれいだ。レトロ地区に車で移動して少し散歩する。各建物はライトアップされ、木々には多数の小さな電球が飾られている。昔は夜8時になると、この辺りは夜釣りする人たちしかいなかったが、今ではカップルや親子連れも、夜の景色を楽しんでいる。海峡プラザもクリスマス一色になっている。ジャージを着てジョギングや早足でウォーキングする人たちも多い。夜釣りする人は今でもいる。釣り人が電球で照らしている海面には、時々小さな魚が横腹を光らせて泳ぐ姿を見せる。今日はあまり釣れていないらしい。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月10日

戸上神社の新しい社殿の棟上げ

16時から戸上神社の棟上げがあるという情報が入り、家族3名で出撃。10分前に前線に到着。既に120〜130人は集結しているであろうか。幼稚園や学校が終わっている時間なので子供も多い。神殿の屋根の上では徐々に準備が整えられている。拝殿向かって左側は場所が狭く人も多かったので、比較的広い右側に移動し、ここを戦場に決める。雪がちらつき始める中、時間通りに餅撒きの戦端が切られる。こちらはオジちゃんオバちゃん軍団より背丈があるので空中戦で優るものの、最初から地面に落ちた餅と5円玉を狙うオバちゃんの作戦で、まわりの餅はどんどん奪取される。負けずに拾おうとすると、頭上から容赦無く降り注がれる餅が後頭部に当たる。結構痛い。10分程度で戦闘終了。で、家族全員の戦果は、全部で4kgあったらしい。少し近所にお裾分けしても、正月使う分には困らない量になったようです。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月12日

大里をぶらりと歩き回る。

「はるちゃん6」を見てから外出。今日は特に用事が無いので、思いついたところをぶらぶらすることにする。東口まで歩くと、閉店したグルメシティの店舗跡には、ヤマダ電気が入るとかいう噂も一時期ありましたが、サンキュードラッグで決まったようです(帰宅後にそのことを母親に教えると、薬屋じゃしょうがないと言ってましたが、近所にとみやまもサンクもあるので、スーパーの出店は厳しいでしょう)。
門司駅方面へ歩いていく。柳町商店街の一角にある店のシャッターに、昔の門司の風景写真のパネルが展示されていました。国書刊行会発行の「ふるさとの想い出 写真集門司」(この本、20年前くらいに古本屋で3,800円で購入しました)の編者である今村元市氏が写真を提供されているそうだ。写真のほとんどは写真集に掲載されたものと同じようです。大里に昔砂浜があったとは、なかなか考えつかない。
本屋などに寄って立ち読みしたりしながら、大里交番前の「風呂の井戸」へ行ってみる。
風呂の井戸
源氏勢によって追われた平家一行が、この地に仮の御所(今の御所神社の場所)を定めた時に、旅の疲れを癒すために使われた風呂の水が、この場所にあった「鏡ヶ池の玉水」の水で、それ以来「風呂の井戸」と呼ばれるようになったと伝えられている。そこから、昔はこの周辺を「風呂」と呼んでいたが、大正末期に「不老」となり、今でも不老町や不老通りなどに名前が残っている。1年半前に見た時は、井戸の穴には鉄の格子がかけられていたが、現在は蓋をされており、手動式のポンプが備えつけられている。ポンプの取っ手を押してみると、ちゃんと水が出た。不老通りを上っていき、門司競輪跡の横を通って、大里公園に寄る。昔は不老公園と呼んでいて、幼稚園の秋の遠足なんかで、ここでまつぼっくりを拾ったりしたことを覚えています。記念撮影した場所もなんとなく覚えていて懐かしい。公園を出て、そのまま稲積方面まで歩く。新原町を通ると、小学校の同級生が住んでいたアパートの取り壊されているところだった。東新町へ進み、サンリブとリセールに寄ってから、旧電車通りを歩いて、東口の金山堂で「TV's HIGH」のVol.1、2を借りて帰る。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月18日

門司港ホテルで小倉玉屋の閉店セール、ゲオが大里東口に進出

午前中、門司港ホテル4階で今日明日おこなわれている小倉玉屋の閉店セールに行く。まぁ、お得意様招待状の袋を持って行くと、バスルーム用の置き時計がもらえるというので行ったんですが(^^;)。売りものは婦人服、婦人用バッグや宝飾品が中心で、お客はオジちゃんオバちゃんがほとんどでした(若いもんは働いてる時間だから当然ではありますが・・・)。しばらく売り場で見た感じでは、そこそこ売れていたようですね。
門司港ホテル
今回門司港ホテルには初めて入ったのですが、特徴的な外見以上に、日航ホテルとか全日空ホテルとかのシティホテルなんかとは、内装が基本的に違いますね。豪華さというのは無いのですが、よそよそしさが無く、どこか暖かみを感じます。
門司港に行く途中、旧グルメシティのあったマンションの屋上を見ると、ゲオの看板と「とみやま」の文字が見えた。どうもサンキュードラッグ以外の店も入るらしい。ゲオのホームページを見ると、北九州大里店が19日オープンになっていた。大型のレンタルビデオ店が大里には無かったし、これは楽しみだなぁ。・・・でも、金山堂のレンタルコーナーは大丈夫かな?
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月19日

ゲオに入会・・・金山堂はピンチ?

朝刊に「TOMY'S TOWN」(そういう名前になったらしい)オープンの広告が入っていた。建物内には、サンキュードラッグ、ゲオ、花のトミー、クリーニング、写真プリント、アイデア商品の店が入ったようだ。ゲオで25日までビデオとDVDが1本10円で借りることができるらしい。午前中、雨の中を「TOMY'S TOWN」へ。1階の大部分を占めるサンキュードラッグに行くと、こういう時の常であるが、やはりオジちゃんオバちゃんで混んでました。商品はそれほど安くはなっていないようですが、お菓子あり、カップ麺あり、冷凍食品あり、と様々なものが置いてあるので、コンビニ代わりになりそうです。ゲオは1階にTVゲームと中古CD・本の販売、2階にビデオ・DVD・CDのレンタルという具合になっている。入会金無料だということで会員証を作ると、レンタルビデオ・DVDの優待券(100円OFF)とレンタルCDの優待券(50円OFF)を各20枚もらう。2階のレンタルコーナーへ(ちなみにビリヤードのコーナーもあるらしいが、どこにあるのか分からなかった)行くと、混雑した1階の様子とは異なり、全く空いている。品揃えも申し分なさそうです。特撮のコーナーを探すと、「鉄甲機ミカヅキ」のビデオが序夜から3夜まで置いてあったので借りることにする(あれ4夜以降は?)。それから「Distance」(宇多田ヒカル)と「Viva La Revolution」(Dragon Ash)も借りる。全て7泊8日で締めて231円(税込)・・・安いわぁ(^o^)。オープニング記念なので、この値段ですが、どうやら通常でも金山堂より安いようだ(今覚えていない)。特にCDは金山堂では新作旧作問わず1泊2日だが、ゲオは旧作ならば7泊8日で借りられるというのはよい。しかも金山堂はDVDを一切置いてないので、これは金山堂ピンチだわ。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月22日

ゲオは盛況

高校駅伝を見てから散歩に出る。ゲオに寄ってみると、休日だけあってレンタルコーナーもゲームコーナーもお客が多い。ビデオの最新作はほとんど貸し出し中になってしまっていて、さすが10円の効果は絶大ですね。別院まで歩き、グランディ金山に寄っただけで帰る。

posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月25日

風の強い日

風の強い寒い一日で、時々雨や雪が降りました。関門海峡の波もかなり高そうです。
「はるちゃん6」を見てから、ビデオとCD返却のために、雨の止んだ頃を見計らってゲオへ行く。しかし、風が強くてかなわない。郵便局に寄った後、ゲオへ。今日までレンタルビデオ1本10円なので、相変わらず客が多い。返却専用カウンターにも4,5人並んでいる。「ハリー・ポッター」とか「千と千尋の神隠し」のような、人気のあるものは全て貸し出し中。CDを借りようと思ったが、めぼしいものは貸し出し中だったので止めて、金山堂に寄る。雑誌を立ち読みした後、レンタルコーナーへ行ってみたが、案の定、お客は私以外おらず、ビデオも最新作でさえ残っている。こりゃ相当厳しいみたいだ。その他はうろうろせずに、雨にあう前に帰宅することにする。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2002年12月27日

柳町銀天街

昼食後「はるちゃん6」の最終回を見終わって外出する。門司駅に向かう途中、柳町銀天街を通った時に、小鳩楽器の隣のジーンズショップが閉店しているのを見つけた。ここで大学の時にジーパンを2本買ったことがあったのですが・・・。
柳町銀天街
銀天街の馴染みの店が次々とつぶれていって、なんとも寂しいです。馴染みのものと言えば、門司駅も改築中で、駅舎とかホームを解体している最中です。新しい駅舎がどういうようなものになるか知らないのですが、地下通路は無くなってしまうんでしょうね。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月02日

ローカルな三社参り

昨夜11時前に弟家族が着き、それから2時過ぎまで飲んで就寝。天気予報がまたはずれて今日も快晴の一日でした。遅い朝食の後、買い物がてら、戸上神社へ初詣する。ここは人も多くお参りに来るし、毎年露店も出ていて賑やかです。お参りしてから今年の運命を占うため亀くじを引く。結果は「中吉」、まぁまぁですかね。戸ノ上通りを下って、御所神社へ行く。家族連れが何組かいるだけで、相変わらず人が少ないですねぇ。ここでも参拝。TOMY'S TOWNへ行き、39ドラッグでクレスト・スピンブラシ(最近使っていますが、磨き残しがある気がして、なかなか慣れません)を買って、次に大山祇神社へ行く。ここはもっと人がおらず、階段ですれ違った2,3人以外誰もいなかった。ここで参拝して、これで三社参りが完了。今年は良い年になればいいなぁ。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年01月05日

雪の一日

心配していた通り、雪が積もっていました。かなり寒いです。
午前中の新幹線で埼玉まで帰る弟家族を見送るため、9時過ぎに外に出る。当初は車で小倉駅まで送る予定だったが、薄く積もった雪が道路の所々凍っており、車を出すのは危険ということで歩いて小森江駅に向かうことにした。荷物があったので、傘をささなくてもよい天気だったことが、せめてもの幸いである。タクシー会社に尋ねると、家のような小高い丘の上にある場所へはタクシーも出せないとの返事だったが、坂を下りきったところで、向こうの方でタクシーが坂を上れず、エンジンを吹かしてもタイヤがスリップするだけで立ち往生しているところを見る。タクシー会社の判断は正しかったようだ。バス通りまで出るが、小学生の甥二人は雪なんかなんでもないように早足で歩いていき、大人たちは足元を用心しながら歩いていく。
普段なら20分しか掛からない小森江駅だが、約40分掛かって到着した。電車に乗って小倉駅まで行く。弟家族の乗る新幹線は5分遅れで小倉に到着したが、思ったよりも遅れは大きくないようだ。新幹線を見送った後、少し魚町銀天街を両親とブラブラする。11時を過ぎていたが、雪のせいだろう、いつもの休日よりも人出が少ない。福家書店や陶器の店などを覗いた後、魚町のバス停で淡島神社行きのバスに乗り帰る。街中の車道の雪はほぼ解けてしまっているが、バスはチェーンを巻いて走っているので、時速30キロ前後で進んでいく。振動が激しく、マッサージ器をかけられてるみたいだ。永黒のバス停で下車し、歩いて坂を上る。ここも雪はだいぶ解けてはいるが、道のいたる所に凍った場所がある。今日溶けずに残ってしまったら、明日はもっと危ない状態になりそうだ。
posted by seamoon at 00:00| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。