2003年02月13日

「門司の歴史ものがたり」下巻購入

10日発行の佐藤書店のメールマガジンで、田郷利雄著「門司の歴史ものがたり」下巻が入荷されたと書いてあったのを見つけ、購入のため午後から歩いて門司港まで行く。途中、先日立ち寄った白木崎公会堂がほとんど解体されているのを見る。さらに進み、旧九州鉄道本社の前を通る。ここは門司でも一番古いレンガ造りの建物(1891(明治24)年建設)で、国鉄清算事業団九州支社とか、最近は日本鉄道建設公団の支所として使われていたが、現在鉄道記念館として改築しています。老松公園にあった機関車をこちらにもってくるらしい。
旧九州鉄道本社
そう言えば、老松公園と門司市民会館を潰して、道の駅をつくる計画があるらしい。門司港に古くからある公園だけに、ちょっと残念だなぁ。佐藤書店で店の方に「門司の歴史ものがたり」のことを聞くと、すぐに出してくれた。破損も無く、目立った汚れも無かったので即購入する。¥600なので、新刊の半額でした。
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。