2003年01月30日

白木崎〜門司港、「門司の歴史ものがたり(上)」購入

久しぶりに天気が良くなったので、4日振りに外出する。特に用事はなく、運動不足解消(エアロバーは相変わらずやってはいますが)のためで、門司港まで歩くことにしました。外に出ると、陰になったところ以外は、雪はほぼ溶けていました。ゲオと金山堂に寄ってから、旧電車通りを歩く。途中、とあるサイトで紹介されていた旧白木崎公民館を見に行く。戦前からあった建物らしいが、近々解体されるらしい。コンクリート造りで、入り口の庇部分などは、なかなか洒落ている。解体はちょっと惜しいなぁ。旧日本セメント事業所にも寄ってみる。こちらは昭和3年の建物だそうだ。
旧日本セメント事業所
工場は撤退しているし、特に建物の保存が決まっている訳ではなさそうなので、いつ解体されてもおかしくないかもしれない(日本製粉工場の前にあった古っぽい事務所もいつのまにか解体されてたしなぁ)。前を通ったついでに門司区役所も撮ってみる。旧門司市役所として昭和5年に建てられ、国の登録有形文化財に指定されているので、取り壊される心配はない。逆に、現在建設中で、今年開業する海峡ドラマシップを見に行く。館内には門司港の古い街並みを再現するそうで、門司港の新しい観光スポットとして期待されているようだ。ウォーターフロントプロムナードを歩いてレトロ地区に入り、旧門司三井倶楽部で「門司の歴史ものがたり(上)」を購入(¥1,339)。店員に下巻を置いてないか尋ねるが、無いと言う。下巻を探そうと思い金山堂本店と宗文堂に行ってみるが、やはり無かった。佐藤書店本店に寄ってから、ちょっと足の裏が痛くなってきたのでバスに乗って帰宅。(※620LX日記より)
posted by seamoon at 00:00| 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。