2007年09月09日

何回目?かの新聞記事2題

門司港レトロ:観光客3年連続減少 昨年、214万人 新空港できたのに… /福岡
北九州市がまとめた06年の観光動態調査で、九州でも有数の観光地・門司港レトロ地区の観光客数は214万人と3年連続で減少したことが分かった。06年3月の新しい北九州空港の開業で来訪客の伸びが期待されたが、日帰り・宿泊とも前年実績を下回った。
 同地区の観光客は、大型施設が開業しNHK大河ドラマ「武蔵」が放映された03年の255万人をピークに減り続け、06年は前年より2万人少なかった。和布刈(めかり)地区を単純合算した門司港全体の観光客も、334万8000人で03年より約60万人減った。
 新空港開港により東京線が大幅に増便され、空港と門司港を結ぶ路線バスの運行も始まった。市は首都圏で観光キャンペーンを展開し、門司港はその看板となる地区と期待されていた。ただ、市門司港レトロ室は「過去2年に比べると減少傾向に一応の歯止めがかかった形。知名度が次第に浸透してきて、今年の施設入館者は前年を上回るペースとなっており、今後は期待できる」と説明している。
 門司港全体の宿泊客は31万6000人で日帰りが圧倒的に多く、平均滞在時間は3時間弱。このため、同室は滞在時間を伸ばすことや繰り返し来訪するリピーター確保が課題とみており「焼きカレーなど食をテーマにした企画や、季節ごとのイベントを通じて魅力を向上させたい」と話す。
 北九州市のこのほかの施設は、▽スペースワールド地区200万人▽北九州空港73万7000人▽平尾台53万7000人▽グリーンパーク45万3000人▽皿倉山周辺43万1000人−−の順。新たに入った空港を除くと、いずれもほぼ横ばいか減少傾向だった。
〔福岡都市圏版〕(毎日新聞 2007年8月29日)

新空港開設が客足に影響するとは思っていなかったので、予想通りといえば予想通りなのですが、やはり厳しいですね。
次に「門司港出征兵士資料展」の記事です。
出征兵士の港 忘れぬ
戦時中に多くの出征兵士を送り出した門司港の歴史を見つめ直す資料展が5日、北九州市門司区の海峡ドラマシップ1階多目的ホールで始まった。出征兵士の写真の複写など約600点が展示されている=写真。入場無料で10日まで。
 出征兵士の記念碑建立を目指す市民グループ「門司港出征兵士記念碑建設委員会」(添田裕吉代表)が建立に向け市民の関心を高める狙いで主催。出征兵士らの写真約3千枚を保管する山口県下関市豊田町の狗留孫山修禅寺や小竹町の「兵士・庶民の戦争資料館」などから資料を借りた。
 「祈武運長久」の文字が入った千人針、当時のビルマ戦線での戦死を家族に知らせる死亡告知書など、生々しい資料が来場者の足を止めていた。
 北九州市港湾局発行の「北九州の港史」には、日中戦争に入って輸出入が増大し「外国貿易の主要岸壁である、西海岸埠頭は出征兵士や軍事物資の積み出し基地として利用され、民需の使用は大きく制約されることになった」とある。門司港から兵士が外地へ向かう光景は火野葦平の「土と兵隊」や大岡昇平の「ある補充兵の戦い」など、文学作品にも描かれた。
 ドラマシップの近くには、門司港から100万頭ともいう農耕馬が軍馬として送り出された史実を伝える「出征軍馬の水飲み場」が残る。市設置の説明板には「港町・門司の歴史を後世に伝えていくとともに、平和の尊さを忘れないよう、ここに保存する」とある。
 同委員会の添田代表は戦時中、陸軍兵士として門司港からフィリピンに出征した。「馬の説明板はあるのに、兵士の記念碑がないのはおかしい」と建立を求めている。初日に会場を訪れた福岡市博多区の中郷トヨノさん(87)はフィリピン戦線で夫を亡くした。「戦争を知らない人が増えている今、語り継ぐ場所があっていい」と話した。
 委員会は門司港にちなんだ戦時資料を探している。問い合わせは事務局の増田さん(093・473・5663)へ。
(asahi.com 2007年9月6日)

開催は明日迄なので、お時間のある方は是非。
posted by seamoon at 00:00 | TrackBack(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック

夜の小紋 (講談社文庫)
Excerpt: 夜の小紋 (講談社文庫)・竹野内豊っていろいろあるし・・・・堺と土佐と・セックスフレンド・THE 新聞(朝刊)・第2回全国記述模試と大岡昇平。・大岡昇平/野火・[本] 靴の話―大岡昇平戦争小説集/大岡..
Weblog: あいねの記録
Tracked: 2007-10-01 02:51

靴の話―大岡昇平戦争小説集
Excerpt: 靴の話―大岡昇平戦争小説集
Weblog: 忍者大好きいななさむ書房
Tracked: 2009-09-01 01:36
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。