2007年07月17日

庚申塔はまだまだあるでしょうねぇ

久々に携帯版@門司を更新。まぁ付録の「庚申塔について」の画像をjpegに差し替え、新たに桜峠2件と、たまたま写していた滝の観音寺の猿田彦大神を追加したのみなので、あまり力入ってませんが(^^;)。元々庚申塔を目的に写真を撮っていた訳ではなく、いつの間にか集まった感じです。
薗辺神社の猿田彦大神

門司郷土叢書第10巻収録の「門司ヶ関」第7号に「門司半島の道祖神分布図」を見ると、庚申塔はまだまだありそうなんですが、分布図自体1961(昭和36)年のものだし、残っていないものもあるんでしょうねぇ。無銘の道祖神を含めて、少し力入れて調査してみようかなぁ。
posted by seamoon at 00:13 | TrackBack(0) | 携帯版@門司 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/48081648

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。