2010年11月16日

「重要文化財 門司港駅−建設の経緯−」が届きました

2年半ほど前にカプリコ半兵衛さんから紹介された本で、ずっとネットで探していたのですが、草香江の葦書房にあることがわかったので、先週末早速注文して、本日届きました。
20101117001640.jpg
70ページほどの小冊子(定価が書いていないので非売品なのかも?)ですが、現・門司港駅舎の設計から外観の変遷など内容は実証的であり、非常に濃いです。脚注もしっかりしており、大変参考になりそうです。
posted by seamoon at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 資料 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私、なくしました(T_T)
Posted by カプリコ半兵衛 at 2010年11月29日 21:34
はじめまして!
私は5歳から高校1年まで門司の清滝で育ちました。
懐かしく拝見しています。
先日、私の 故郷 と云うテーマで話し合ったのがきっかけで、故郷の事をモット知りたくなり、このページにいきあたりました。
毎日通っていた三宜楼の路地、100年以上前からある門司港駅舎・・門司港の良さを再確認しているところです。
何枚かの写真をダウンロードさせていただきたくお願いいたします。
Posted by テルテルボウズ at 2010年12月03日 10:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170362775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。