2010年03月13日

潮風号2年目のスタート

今日から門司港観光トロッコ列車潮風号2年目の定期運行開始です。
今年もボランティア駅員をやらせていただきます。

朝いつものように愛車パイルダー号に乗って200号線〜都市高速で門司港へ。駐車場に愛車を停めて、駅員詰所へ向かう途中、1号上屋に足場が組まれているのを見る。
1号上屋改装中(1)

去年の西日本新聞の記事(2009/5/14付)では、
秋に始まる工事は、壁や窓の増設部分を撤去し、外壁をコンクリートで補強するなど、完成時の姿に近づける下準備。改修費は約2億5000万円。その後、耐震補強と内装工事もする。改修後の具体的な用途は検討中で、2階屋上にウッドデッキや芝生緑化を施し、関門海峡の展望スポットにするなどの案も浮上。2013年ごろには工事を終え、門司港レトロ地区の新名所になりそうだ。

とあり、その改修工事がようやく始まったというところでしょうか。しばらくは見れないでしょうが、キレイに整備して欲しいですね。
1号上屋改装中(2)

旧門鉄ビルの駅員詰所に行き、青服さん達の朝礼に出ると、お馴染みの顔が並んでいる。去年まで一緒にやってきた人達とまた一緒にやれるのが嬉しいですね。
朝礼後、駅員仲間と一緒に鉄道記念館駅へ。去年は青服さんだったMさんとSさんが車掌さんになっていたのにもビックリ。
いよいよ2年目の始まりです。
始発列車のお客様はそれほど多くなく、静かな立ち上がりというところか。
2年目の潮風号スタート

4ヶ月弱しか駅員業務を離れてないのに、結構忘れていることも多く(^^;)、若干思い出しながら・・・というところもありましたが、お手振りをやっているうちに少しずつ調子を取り戻していく。

午後から潮風号に乗って関門海峡めかり駅へ移動。
めかり駅移動中の潮風号車内

去年業務中はほとんど休みがなく、昼食を急いで食べて駅に戻るか、食べないような状況だったが、今年は駅員をしてくれる人も増えており、1時間の休み時間がとれるようになっている。
その休み時間に、今年からのめかり駅前の目玉である「潮風市場」で昼食することにする。行ってみると、たくさんのお客さんが市場内にいて、大変な賑わいだった。
潮風市場のにぎわい

そして1,050円のバイキング。料理の無くなっている大皿もあったが、それでも和食中心に十分な種類のおかずをゲット。お腹いっぱいになりました〜。
潮風市場のバイキング

2つ目の目玉、国鉄時代の旧客車を改装した「かんもん号」には、海峡Cafeオハフ33(さんさん)がオープン。こちらもお客さんでいっぱいでした。海峡を望みながらコーヒーを飲むのって、なんかイイですよね。
かんもん号も快調

そして3つ目の目玉であるタコ型滑り台。ここで遊ぶ子供の数にまたビックリ。予想以上に子供達には大人気のようです。最終便になっても遊んでいる子供が多かったです。
大人気のたこ滑り台

そして小さいながらも、これも新兵器。観光地にはどこにでもあるやつですが、結構人気で、顔を出して記念撮影する人も多かったですね。
これも関門海峡めかり駅の新兵器

そうこうするうちに、あっという間に初日の業務が終了。最終便に乗って鉄道記念館駅へ戻る。皆さん、お疲れ様でした。
2年目の初日終了

今年も多くのお客様が潮風号を楽しんでくれればいいな、と思いながら門司港を後にする。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。