2010年02月28日

さらば丸拳ラーメン、2010年潮風号ボランティア駅員研修

いよいよ来月13日に通常運行が再開される、門司港レトロ観光列車”やまぎんレトロライン”潮風号のボランティア駅員の研修を受けるために2週間ぶりに門司港へ。

研修の前に、残念ながら本日閉店となる丸拳ラーメンへ。秋武バナナマン氏と会うと何故かいつも握手ですねぇ(笑)。
最後の一杯は細麺硬めで注文し、替え玉は普通麺硬め。
最後の丸拳ラーメン
今日も十分に堪能しました。
美味しいラーメンを今までありがとうございました。
でもやっぱりちょっと寂しいですね。

ボランティア駅員の研修会場は駅員詰所として使っている旧門鉄ビル。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(1)

研修には駅員の経験者をはじめ、昨年は青服さんとして頑張っていた人、今回初めて駅員をやろうとされる方々(中には門司港コミュの顔馴染みの方も)が集まり、まずは団長のけーばらさんから、自作の駅員業務マニュアルを元に大まかな業務内容の説明があり、次に門司港レトロ室のS氏から観光線の基礎知識(成り立ち)や駅員業務に関する注意事項やボランティア駅員に期待していることなどの話があった。

次に九州鉄道記念館駅に移動し、初めて駅員業務をされる人向けに、団長と副団長の秋山氏からホーム上での具体的な駅員の動きや注意点をレクチャー。駅員経験者はもっぱら乗客役。元青服のO氏は切符切り役(笑)。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(2)
研修を受けている我々の姿を見て、列車が走っているものと勘違いされた方も多くいたようだ。

さらに、研修参加者の車に分乗して関門海峡めかり駅へ移動。ここでも記念館駅とのホームでの作業の違いの説明など。まだ最終的には決まっていない事柄もあり、それは運行再開までには決めるとのこと。
そして運行再開に合わせて新設・改装されている各施設を見学。めかり駅に隣接した元運送会社車庫は「めかり潮風市場」として昼食バイキングなどをおこなう施設となり、駅前に展示していた旧型客車は休憩所として使用するためキレイな内装が施され、去年は仮設であったトイレはちゃんとした建物を建設中・・・と、どんどん整備されています。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(3)

先日の記事で紹介した「たこ型すべり台」がこちら。鮮やかなピンク色で、国内最大級のたこ型すべり台とのこと。
巨大蛸の滑り台
周辺の遊歩道や東屋の整備も進んでいます。

最後にレールパークの遊具を体験。
2010年潮風号ボランティア駅員研修(4)
ただ単に遊んでいるようにしか見えませんが(笑)、お客様に勧めるにはやはり自分も体験しておかないと。楽しいですが、手こぎトロッコのメロディ号は意外に疲れます。

再び旧門鉄ビルに戻り、研修は終了。

そして来週日曜日(3/7)は潮風号キャンペーンのため、西鉄福岡駅、黒崎駅、小倉駅の順でキャラバンをおこないます。我々ボランティア駅員は制服・制帽で参加しますので、見かけたら気軽にお声をかけてください。

そして、潮風号ボランティア駅員はまだまだ募集中です
詳細は門司港トロッコ応援団HPの募集要項(こちら)、あるいはmixiコミュ「門司港トロッコ応援団!!」をご覧になってください。
潮風号の勇姿
ボランティア駅員、楽しいですよ(^o^)
posted by seamoon at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ご紹介ありがとうございます!
研修会もお疲れさまでした。

さぁー いよいよ潮風号、再開間近ですね♪
今年もボランティア駅員楽しんでやりましょう。
よろしくお願いします☆(^-^)☆
Posted by 門司のけーばら at 2010年03月02日 12:58
★けーばらさん
研修お疲れ様でした。

今年もよろしくお願い致します

・・・ってお正月の挨拶みたい(笑)。
Posted by seamoon at 2010年03月06日 10:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/142528313

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。