2010年02月13日

ちょこっと大里へ、「ぶらり散策門司紀行」

門司港の観光ボランティアの草分けである内山昌子さんの本「ぶらり散策門司紀行」を受け取りに大里へ。
内山さんの本といえば、数年前に自費出版された「門司港の秘密」という素晴らしい画集があり、門司図書館で見てから欲しいと思っていたのですが、少数部しか発行されていないため既に売り切れで、古書籍のネットで探すも見つからず諦めていたのですが、昨年内山さんが再び自費出版で本を出されるというお話を聞き、内山さんと一緒にFM KITAQで「門司情報探偵団」に出演されている「歌う果物屋さん」こと山形さんに是非購入したい旨を伝えたところ、今年になって出版された時に内山さんから預かっていただけるという連絡をいただき、ようやく今日取りに行った次第です。

お昼頃に大里に着いたので、山形屋さんを訪ねる前に昼食をとることにし、看板の500円の日替わりランチに眼が止まり、柳町にある居酒屋りぽ寿司に初めて入る。
ランチを注文すると、しばらくして海鮮丼、茶碗蒸し、お吸い物、白身魚のフライが出てくる。
居酒屋りぽ寿司の500円ランチ
海鮮丼に使われた魚は全て天然ものだそうで、これで500円というのが信じられないくらい。茶碗蒸しも魚のフライも美味しく、量的にも丁度よく大満足でした。店主さんも気さくな方で、ここにはまた来たいですねぇ(^o^)。

店を出て、みずき通りのくだもの山形屋さんへ。山形さんとお会いするのはけーばらさんの結婚式の二次会以来ですね。本を受け取り、代金をお渡ししてから、本の内容や大里についてのあれこれのお話を聞かせていただいた。山形屋さんの店内には、大里の古い写真や映画のチラシなどが貼られていて、それだけでも興味深いです。
所用で熊本に行かなくてはならなかったため、お店には少しの時間しか居れませんでしたが、次はゆっくりお話を聞きたいです。
このあと新門司ICから一路熊本へ。

熊本から帰り、自宅で内山さんの本を見る。
ぶらり散策門司紀行
内容は門司区内の建物や風景、門司在住の職人さんが描かれた水彩画で、内山さんの門司に対する愛情をたくさん感じられます。また内山さんならではの視線が多く見え、大里の二重廂の家や老松町のビルなど私の気付かなかったものも多くあり、今度門司を訪れた時に探してみようと思います。
本には「海月様 海峡の街」というサインまでいただいていた。ほんとうにありがとうございます。大切にします。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。