2010年01月31日

三宜楼草刈りの様子を伝える新聞記事

昨日の三宜楼の草刈りの様子が今朝の読売新聞朝刊に載っていたようです。
「三宜楼」で市民団体が草刈り

昭和初期に建てられ、市が補修・整備することになった北九州市門司区清滝の旧高級料亭「三宜楼(さんきろう)」で30日、保存運動を続ける市民団体の一つ「門司港コミュニティ」のメンバーら約20人が草刈りを行った。

 三宜楼は1930年(昭和5年)建築の木造3階建て約1170平方メートルで、地元の名士や国内外の経済人らが出入りした。しかし、55年頃に閉店。老朽化などで2005年から解体も検討されたが、地元有志でつくる「保存する会」を中心とした運動が実を結んで昨年、市が2011年3月オープンを目指して補修・整備することを決めた。

 草刈りは観光客にきれいな三宜楼の姿を見てもらおうと、2年前から3か月おきに実施。この日もメンバーらは鎌を手に約2時間がかりで庭や石垣の雑草を刈り取った。門司区東本町の柏原進さん(40)は「見る人に和風建築物としての素晴らしさを実感してもらえればうれしい」と話していた。
【2010年1月31日 読売新聞】

電子版の写真を見ると、脚立に乗った私の姿がしっかり写ってますね(笑)。
posted by seamoon at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
毎度お手伝い頂きましてありがとうございます。
また4月中旬頃にやりますので
どうぞ宜しくお願いします。m(__)m
Posted by 門司のけーばら at 2010年02月01日 20:41
★けーばらさん
4月ですね。了解です(^o^)
Posted by seamoon at 2010年02月06日 11:33
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/139904065

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。