2010年01月16日

小倉旦過市場撮影会、ギラヴァンツ北九州初練習、僧清虚火焚場跡

会社の元同僚との新年会に参加する父親を送迎するため、今年初めての門司訪問になりました。
今週水曜日に降った大雪はほとんど解けてはいるものの、国道200号線の冷水峠の道端には雪の塊がごろごろしており、飯塚市内では雪解けの水が気温の上昇により霧を発生させていた。

都市高速を大里インターで降りた後、めがねのヨシダ前で父親を降ろしてから小倉へ向かう。小倉行きの目的は、魚住さんのブログの下記記事に紹介されていた旦過市場撮影会。

小倉の旦過市場で「公認撮影会」が開催されるそうです:門司港に暮らしながら-ココログ別館-

今年初めに初めてのデジタル一眼レフCanon EOS Kiss X3を購入したので色々なものを撮ってみたいと思い、ド素人ながら参加させてもらいました。

撮影会を主催している「大學堂」は、私の母校北九州市立大学の教員と学生が共同運営する情報発信拠点で、旦過市場地域研究および活性化を目的として設立されたものとのこと。また「大學丼」なる丼ものを出している食堂でもあるらしい。
撮影会には事前申し込みが必要だったようですが、当日受付でもOKだそうで、受付で一通りの説明を聞き、撮影会参加者を示す腕章をもらって、市場内を撮影する。
旦過市場撮影会
現在再開発の話は進んではいないようですが、遅かれ早かれなんらかの動きはあるんでしょうね。

1時間ほどで撮影を終了。30日(土)に写真の批評会をおこなうとのことでしたが、その日は三宜楼の草取りの予定が入っているのを後で思い出した。

ラーメンが無性に食べたくなったので、久々に門司港の丸拳ラーメンへ。もちろん細麺硬めを注文。やはり美味しいです(^_^)。
久々の丸拳ラーメン

丸拳を出てから佐藤書店に寄った後、ギラヴァンツ北九州の今年の初練習を見に、新門司の埋め立て地にある新門司球技場へ行く。
午前中に社長をはじめ、ギラヴァンツの監督、コーチ、選手らがが甲宗八幡神社で必勝祈願をおこなっており、バナナマンさん達も門司へのホームスタジアム誘致を目指して結成した私設応援団も応援に駆けつけていたはず。
新門司球技場には初めて来ましたが、芝生がありサッカーなどが出来る球技場、土のグラウンドである運動場、人工芝テニスコートがあり、夜間照明も整備されている。
ギラヴァンツ北九州、初練習(1)

私が球技場に着いた時には、ミニゲームを始めるところでした。寒い中、よく体が動くなぁ〜と選手たち動きを見ながら感心したり。まぁチーム練習の前に個人で休まず練習していたものなんでしょうが。
ギラヴァンツ北九州、初練習(2)

J2に昇格した今年は北九州市民にとっても注目の的であり、地元放送局や記者の人たちも多く取材に来ていました。
ギラヴァンツ北九州、初練習(3)
住んでいる場所柄、私はアビスパ福岡を応援していますが、ギラヴァンツにも頑張ってもらいたいですね。共にJ1へ早く昇格して欲しいです。

寒かったので、30分ほどで球技場をあとにし、白野江を通って久しぶりに青浜の方へ車を進め、部埼灯台へ。
ここも久しぶりの部埼灯台

一昨年に僧清虚火焚場の跡が整備されたことがニュースで伝えられていたが、来る機会がなかったので、今回初めてモニュメントを見ました。
僧清虚火焚場跡(1)

清虚が当時火焚をしていた実際の場所は、灯台後方の山頂付近だったらしい。
僧清虚火焚場跡(2)

モニュメントの一番海側にある焚火を模したものの中に、賽銭であろうか、硬貨が何枚か置かれていた。
僧清虚火焚場跡(3)

しばらく灯台近辺を撮影してから、車に戻ると、丁度父親から帰るという連絡が入ったので、大里へ向かう。大分銀行前で父親を乗せて、大里インターから都市高経由で、いつもの通り国道200号線を南下、19時少し過ぎに帰宅した。
posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 調査・撮影 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/138534193

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。