2009年12月05日

セミナーのお知らせ、テーマは「遺言」。

か〜な〜り遅くなりましたが、ボランティア駅員仲間の ふせんのひとさんが、明日本業でセミナーを開かれます。
以下にmixi日記から転載します。
秋冷の候、皆様におかれましてはますます御健勝のこととお喜び申し上げます。セミナーの告知をさせていただきます。

皆様、「遺言」についてどんなイメージをお持ちですか?

大金持ちが書くもの?
親族同士の仲が悪いから書くもの?
親族以外に財産を残すために書くもの?

いずれも間違えたイメージです!

「親族みな仲良しだから遺言書なんていらないよ。」
「大きな資産なんて持ってないから書いても意味ないよ。」

いえいえ、むしろそんな方々にこそ、遺言は意味があります!
火災に備えるのが火災保険、死亡に備えるのが死亡保険。
そして、死後に備えるのが遺言です!
まずは遺言を身近に感じてみませんか?
司法書士が分かりやすく解説します!

【タイトル】 よく分かる相続のはなし〜遺言ってなんだろう?〜
【日  時】 平成21年12月6日(日)
【会  場】 門司図書館2階視聴覚室(老松公園そば)
【時  間】 14時〜15時半
【参 加 費】 無料
【講  師】 司法書士 河喜多 洋
【連 絡 先】 門司図書館         093-321-6515
       ウィダーゼン司法書士事務所 093-331-7023

※会場とテキストの都合上、出来るだけ事前の電話予約をお願いいたします。予約は直接、門司図書館の方にされるか私までメールをお願いいたします。

posted by seamoon at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。