2001年05月08日

初めてのレトロフェスタ、門司のデジカメ撮影を始める

連休後半4日間は門司に戻って,門司や小倉の街をデジカメ撮影したり,門司港レトロ地区で毎年催されているレトロフェスタに行ったりしました。レトロフェスタは大いに賑わっていて,音楽に合わせた花火とレーザー光線のショーは,短時間でしたが,非常にきれいでした。レトロフェスタに毎年来ているモアベターという4人組のボーカルグループのミニライブもよかったです。
モアベターミニライブ

うちの親は去年も聞いたそうで「良いよ,良いよ」と言うだけあって,昼・夜の部両方見てしまいました。ゴスペラーズのような最近アカペラで歌うグループが流行ってこともあり,テントで売っていた彼らのCDも去年以上によく売れていたようです。
あとは,大里(戸ノ上神社,御所神社,サッポロビール九州工場跡,大里宿場跡),門司港(レトロ地区,栄町商店街,門司区役所など),小倉(紫川にかかる様々な橋,チャチャタウン,小倉城など)をデジカメで撮影しました。思えば故郷の写真をこんなに撮ったのは,ほとんど初めてと言っていいかな。今回撮った画像の何枚かはトップページで後日公開することになると思います。
本町界隈

そう言えば,写真家の藤原新也さんって門司港出身だったんですね。小倉のクエストで門司港で撮った写真集を偶然見つけて初めて知りました。「全東洋街道」や「メメント・モリ」のような代表的な写真集しか知らないのですが(^^;,アジアを中心とした写真が多く,印象的で好きです。「人間は犬に食われるほど自由だ」でしたっけ?この言葉も凄いですよね。
posted by seamoon at 00:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。