2011年08月31日

旧料亭「三宜楼」石垣草取りボランティア募集

新横浜方面出張中のため私は参加できませんが、門司港コミュニティで掲載されたイベント告知からの抜粋です。
門司港レトロの臨海地区から少し離れた場所に、
戦前大いに栄えながらも今は廃業した、古い料亭の建物が残っています。
その名を 「三宜楼」。 木造3階建ての建物は見る者を圧倒します!

空家となった建物は老朽化が激しく、解体の危機にありましたが、
門司港コミュニティを含む街作り団体が「保存する会」を結成し、
募金活動等により建物の買取を実現! その後、建物は市に譲渡され、
現在市により、一般公開に向けた建物の改修が行われております。

私たち門司港コミュニティは、保存活動を行っていた頃から
建物周辺や石垣の草取りを行ってきてきました。
前回開催から3か月ほど経ち、結構草が生えてきております…

(中略)

門司随一の観光名所を草ボウボウにしてはいけません。
みんなで草取りして、観光客の皆さんに綺麗な姿を見てもらいましょう。
たくさんの皆さまのご協力が必要です。 よろしくお願いします m(__)m

■イベント 旧料亭 「三宜楼」 石垣草取り
■開催日時 2011年 9月 10日 (土) 朝7時半〜9時半頃
■開催場所 福岡県北九州市門司区清滝 三宜楼


※軍手や簡単な掃除用具は用意します。
※時間途中からの参加、途中抜けも全然OKです!
※いつもながら無償ボランティアになりますがよろしくお願いします。
※脚立が足らないので、お持ちの方は持参してくれるとありがたいです。
※雨が降っても行いますが、無理に参加を強制はしませんのでご安心下さい。
(雨ガッパは少し用意しております)
※現場は道幅が狭く車の駐車は出来ません。(有料駐車場は少し離れた場所に有)
※JR門司港駅より徒歩10分弱、西鉄バス桟橋通バス停より徒歩5分弱です。


よろしくお願いします。m(__)m

以前三宜楼保存の募金活動について紹介した時に、「東京で言えば、本郷館アパートのような存在感のある建物です。」と書きましたが、その本郷館が解体されているとのこと。

asahi.com(朝日新聞社):築106年の下宿「本郷館」解体へ 「圧倒的な存在感」 - 社会

内部公開など様々な活動の甲斐もあり、幸運にも三宜楼は改修保存されることになりましたが、これに安心せず、門司港のかつての繁栄を物語る建物に関心を持っていただければ幸いです。

たくさんの方々のご参加よろしくお願い致します。
posted by seamoon at 00:00| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。